鼻下の脱毛によるかゆみについて

鼻下の脱毛によって、かゆみが伴うことがあります。鼻は、その入口部分から穴の中に至るまで、多くの体毛が存在しています。

これは、空気中に浮遊している、ちりや埃といった微細な異物の侵入を防ぐ役割があります。たとえ侵入させたとしても、毛に付着した異物を、鼻水やくしゃみなどの手段によって、外へ放出しようとします。鼻は、呼吸器系の一つでもありますので、空気の取り入れと吐き出しは、休むことなくとりおこなわれています。

特に吸い込み時には、鼻下が大切なフィルターの役割を果たします。菌やウイルスといったものも、完璧ではないにしても、体内侵入経路の遮断を図るための機能のひとつになります。

この鼻下の部分が脱毛処理されますと、ある意味、異物の侵入はスルーとなりますので、かゆみとして感じることが増えます。異物が通過するたびに、刺激を与えられていることになります。たとえ、脱毛処理によって低下した機能があらわれたとしても、人間の体は、他の部位が肩代わりして補おうとします。

鼻の粘膜そのものの強化など、体の免疫機能全般を整えようとします。それが整うまでは、かゆみがつきまとうこともありますが、時間の経過と共に薄らいでいきます。